妊婦でも使えるホワイトニング歯磨き粉について紹介します

妊娠中でも歯の黄ばみが気になる!ホワイトニングしたい!

妊娠中でも歯の黄ばみって気になりますよね。特にホルモンバランスで口内環境が変わったり、つわりで十分に歯磨きができなくなってしまうので、虫歯や黄ばみが気になります。

 

でも、歯磨き粉に含まれる薬剤が胎児に影響あるのではないかと心配になってしまいますよね。そこで、妊婦でも使えるホワイトニング歯磨き粉をランキング形式で紹介します。

 

→妊婦も使えるホワイトニング歯磨き粉のランキングはこちら

妊娠中はより歯の黄ばみが気になってしまいます…。

女性は妊娠すると、体に変化が起こり、より歯の黄ばみが気になってしまいます。妊娠で歯が黄ばむ原因を紹介します。

 

つわりによって歯磨きができなくなり、汚れが残りやすくなる

つわりが起こると、何かを口に入れるのが気持ち悪くなって、歯ブラシを入れるのすら辛くなってしまいます。その結果、十分な歯磨きができず、汚れが残り、虫歯や歯の黄ばみの原因となります

 

一度にたくさん食べられず、常に食べてしまっている

つわりが起こると、一度にたくさん食べられなくなってしまうことがあります。また、おすくと気持ち悪くなってしまい、常に何かを少しずつ食べている…という状況になることもあります。すると、口の中に常に食べ物があるので、歯垢が付きやすく、虫歯や黄ばみの原因となってしまいます

 

口の中の酸性度が高まり、脱灰する

口の中の酸性度が高まり、脱灰(だっかい)と言って、歯のエナメル質からリン酸カルシウムが溶け出してしまいます。すると、色素沈着しやすく、虫歯にもなりやすくなってしまいます。妊娠中は、つわりによって胃酸が逆流したり、すっぱいものが食べたくなったりします。すっぱいものは酸なので、口の中が酸性になり、歯の色素沈着が進んでしまいます。また、女性ホルモンの影響で唾液の分泌量が減り、口内の酸性度が高くなります。

 

ノンカフェインのルイボスティーはポリフェノールが豊富で歯の黄ばみの原因に

妊娠すると、カフェインを含むコーヒーや紅茶を飲むことは控える必要があります。コーヒーや紅茶に含まれるカフェインには、中枢神経を興奮させる作用があり、大量に摂取すると眠れなくなったり、興奮状態になったりと、人体に影響を与えます。妊娠中にカフェインを摂取すると、胎盤を通じて赤ちゃんにも届いて、流産や早産などの原因となります。そのため、ノンカフェインのルイボスティーを飲むことがおすすめされます。

 

ルイボスティーは栄養豊富ですし、妊婦さんに人気です。しかし、このルイボスティーはかなり赤っぽい色をしていて、ポリフェノールが豊富です。ポリフェノールは歯の黄ばみの原因になってしまうのです

 

 

このような理由で、妊娠中は歯が黄ばみやすく、汚れが気になってしまうのです。妊娠中でも、きれいな歯でいたいですし、ホワイトニングは気になりますよね。でも、妊娠中のホワイトニングは、赤ちゃんに影響を与える可能性があるのです…!

妊娠中のホワイトニング、こんな成分に気をつけて!

妊娠中は、さまざまな理由で歯の黄ばみが気になるもの。でも、妊娠中のホワイトニングは赤ちゃんに影響を与えてしまう可能性があるのです。

 

妊娠中のホワイトニングで気をつけなければならないのは、以下の2つの成分です。

 

@過酸化水素
A過酸化尿素

 

この2つは審美歯科でのホワイトニングで使われている薬剤に入っています。どちらも、歯を漂白していく成分で、過酸化水素はオフィスホワイトニングで、過酸化尿素はホームホワイトニングで使われています

 

過酸化水素は第6類危険物に分類される酸化性液体で、医師のみしか使うことができません。といっても、この2つの劇薬が赤ちゃんにどのような影響を与えるかは、まだわかっていません。しかし、歯を強力に漂白していく成分なので、妊娠している体に取り入れるのは怖いですよね。

 

そこでオススメなのが、ホワイトニング歯磨き粉を使ったホワイトニングです。

 

歯磨き粉には、過酸化水素・過酸化尿素が入っていないので、妊娠中・授乳中の方でも安心して使うことができますし、市販の歯磨き粉に比べて添加物も少ないです

 

それに、妊娠中・授乳中は外出するのも大変ですよね。歯磨き粉なら、家で毎日行うことができて、少しずつ歯を白くしていきます。ホワイトニングにかかるお金も安く済むのです。もしどうしても、歯を漂白して白くしたいという時は、出産・授乳が終わってからにしましょう。

妊婦でも使えるホワイトニング歯磨き粉ランキング

 

ホワイトニング歯磨き粉には、歯を漂白する薬剤が入っておらず、汚れを落としながら本来の白さの歯に戻していきます。妊娠中・授乳中の方にも安心して使っていただけます。そんなホワイトニング歯磨き粉のおすすめを、ランキング形式で紹介します。

 

はははのは
はははのは

「はははのは」は、研磨剤、発泡剤、漂白剤、着色料、合成界面活性剤、パラベンがすべて無添加の、体にやさしい歯磨きです。

 

ポリリン酸ナトリウムメタリン酸ナトリウムという2つの物質が、エナメル質に付いた着色汚れを浮かび上がらせてくれます。浮かび上がった汚れは、パパインというタンパク質分解酵素が分解していきます。オリーブオイルなどのうるおい成分と、アロエエキスなどの保護成分を含んでいるので、つわりで唾液の分泌量が減った口内にうるおいを与えてくれます。その結果、口内の乾燥を防ぎ、黄ばみや口臭も防いでくれます

 

さらにハッカ油のおかげで、朝のネバネバを防ぎ、口の中をすっきりさせてくれます。泡立たない歯磨きなので、口の中に歯磨き液がたまらず、つわりのときでも使いやすいのではと思います。歯を白くしていくだけでなく、唾液の分泌量といった、つわり時のトラブルにもぴったりなのです。

 

「はははのは」は、数あるホワイトニング歯磨きの中で、安さが特徴です。定価は3,500円(税込)ですが、定期便にするとさらに安く約43%オフの1,980円(税込)で購入できます。10日以内なら全額返金保証もついているので、合わなかった場合も大丈夫です。定期便は1回からOKなので、気軽に始められます。

 

「はははのは」の詳細はこちら>>>

定期便の価格 安全性 評価

通常価格3,500円が
1回目
 →約43%オフの1,980円
2回目
 →約15%オフの2,980円
※表示価格は税込

研磨剤、発泡剤、漂白剤、着色料、合成界面活性剤、パラベンすべて不使用 ホワイトニング,歯磨き粉,妊婦

プレミアムブラントゥース
プレミアムブラントゥース

プレミアムブラントゥースは、植物の力で歯を白くしていく歯磨きです。タンパク質分解酵素であるパパインが、エナメル質に付着したタンパク質汚れ(歯垢)を分解していきます。茶カテキン・ウーロン茶エキスは虫歯を防いでくれます。

 

また、マカダミアナッツ油やオリーブ果実など6種類の植物オイルが、口内にうるおいを与えて乾燥を防ぎ、口臭や歯の黄ばみを防いでくれます。メントール、キシリトール、ハッカ葉油配合で、磨きあがりはスーッとすっきりした感覚を得られます。うるおいやすっきり感は、つわりで唾液の分泌量が減った口内にも合うでしょう。

 

お値段は、通常価格は9,980円(税抜)ですが、定期便にすると、初回限定で6,000円オフの3,980円で購入でき、送料も無料です。定期便は、2回目以降も50%オフの4,980円で購入できるのでずっとお得です。しかし、定期便は最低3回の購入が条件ですので注意しましょう。3回購入すると、3,980円+(4,980円×2)=13,940円(税別)かかります。

 

プレミアムブラントゥースの詳細はこちら>>>

定期便の価格 安全性 評価

通常価格9,980円
1回目
 →6,000円オフの3,980円
 送料無料
2回目以降
 →50%オフの4,980円
※表示価格は税別

研磨剤不使用
GMP認定工場で製造

ホワイトニング,歯磨き粉,妊婦

ちゅらトゥースホワイトニング
ちゅらトゥースホワイトニング

ちゅらトゥースホワイトニングは、研磨剤、発泡剤、漂白剤、合成ポリマー、人工甘味料、動物由来原料、パラベン不使用の安心・安全な歯磨きです。

 

ポリアスパラギン酸エナメル質に付着したステインという着色汚れを浮かし、ビタミンCとリンゴ酸が浮かび上がった汚れを溶かします。これにより、歯を本来の白さに戻すことができます。また、ちゅらトゥースホワイトニングオリジナルの成分である、GTOという烏龍茶やホップエキスから抽出された成分が歯茎を健康にします。

 

メントールやキシリトールも配合しているので、口の中をすっきりさせてくれます。こちらも泡立たない歯磨きなので、口の中から歯磨き液が溢れにくく、丁寧に磨けます。

 

お値段は、定期便だと初回5,980円(税別)が33%オフの3,980円(税別)になります。2回目以降も16%オフの4,980円(税別)で購入でき、送料も無料ですが、最低3回の購入が必須ですので注意しましょう。3回購入すると、3,980円+(4,980円×2)の13,940円(税別)かかります。

 

ちゅらトゥースホワイトニングの詳細はこちら>>>

定期便の価格 安全性 評価

通常価格5,980円
1回目
 →33%オフの3,980円
&送料無料
2回目以降
 →16%オフの4,980円
※表示価格は税別

研磨剤、発泡剤、漂白剤、合成ポリマー、人工甘味料、動物由来原料、パラベン不使用 ホワイトニング,歯磨き粉,妊婦

 

妊娠中にできる歯の黄ばみ予防

妊娠中は、つわりや口内環境の変化で歯が黄ばみやすくなってしまいます。そこで、ホワイトニング歯磨き粉を使う以外にも、歯の黄ばみを予防することができる方法をまとめました。

 

ヘッドの小さい歯ブラシを使う

つわり中は、口に何かを入れると気持ちが悪くなってしまうことがあります。なるべく小さいヘッドのブラシに変えてみましょう。

 

食後にとらわれず歯を磨く

妊娠していないときは、朝晩や食後に歯を磨いていたと思います。しかし、妊娠中は体調によってその時間帯に歯を磨けないこともあるでしょう。いつも歯を磨いていた、習慣になっていた時間にとらわれず、磨けるときに歯を磨きましょう。

 

うがい、マウスウォッシュを使ったうがいをする

どうしても歯を磨くのが難しい時は、せめてうがいをしましょう。マウスウォッシュを使ってのうがいでもOKです。うがいは、歯の隙間に溜まった汚れを洗い流すことができるので、汚れによる歯の黄ばみや、虫歯予防に効果があります。

 

キシリトールガムを噛む

歯磨きやうがいができないときは、キシリトールガムを噛むのもおすすめです。唾液が多く分泌されて、歯の再石灰化が促され、歯の隙間の歯垢を洗い流してくれます。また、スーっと爽やかな感じは、気持ち悪さを紛らわせてくれるかもしれません。

 

歯科医でクリーニングをしてもらう

もし、体調がよく、歯医者さんにも行けそうでしたら、歯医者で行っているクリーニングもおすすめです。過酸化水素や過酸化尿素を使っていない、歯の表面をクリーニングする方法なら、劇薬を体内に入れるわけではないので安全です。歯本来の白さに戻すことができます。治療のための思考除去なら保険の範囲内でできますが、PMTCという歯科医でできるクリーニングは、保険適用外の場合があります。

 

出産前に歯の治療をしておく

最後におすすめしておくことは、なるべく妊娠中または妊娠前に歯の治療を終えておくことです。出産後は、産まれたばかりの赤ちゃんを連れて通院しなければならず、とても大変です。そもそも、歯医者に行く時間をとることすら難しいかもしれません。調子がいいときに、歯医者での治療やクリーニングは終えておくことがおすすめです。もし、妊娠中の歯の治療で使う薬など、不安な点があったら歯医者さんに相談しましょう。

 

歯のマニキュアなら妊娠中もOK

歯のマニキュアは、歯に白い色を塗って一時的に白く見せるホワイトニング方法です。過酸化水素や過酸化尿素といった漂白剤は使っていないので、どうしても1日だけ歯を白くしたいという場合は、使ってもよいでしょう。ただし、海外製のものは日本で使ってはいけない成分が使われていることがあるので、日本製のものがよいでしょう。また、成分表をしっかり見て、妊娠中でも使っていいかを確認しましょう。

妊婦さんはホワイトニング歯磨き粉で白い歯になろう♪

このように、妊婦さんでも歯をキレイにできる方法はあるのです!

ホワイトニング歯磨き粉なら、胎児への影響はありませんし、いつもの歯磨きをしながら歯を白くできます。妊娠中でも、外見のきれいさに気をつけて、おしゃれしたいですよね♪